<< 再会の時、必ずや来たらん + main + 夢の国 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |







新しい口

 ひとり日和 青山七恵 
2009/No.29

 鍋で煮たりんご 
オレンジ色のタオルで巻かれた鍋の中で。
あたたかい、甘い匂い。頼りなく、いいにおい。
彼氏の部屋にいた女の子を思い出す。
甘酸っぱくて、哀しい。

麦チョコ味の焼酎

ロールキャベツを分け合う2人

おばあさんの吟子さんとの二人暮らし。
後ろ向きな20才はもどかしく。



 キャベツの新生活 有吉玉青 
2009/No.30

 赤ワインとおでん 
何もない部屋でキウイとキャベツと。
割り箸で栓を抜き、紙コップで。
コルクが新しければ大丈夫なんだって。
でもまねしちゃだめですよー

そっこう、つまんな、と思ったけど、それは私の理解力足らずだったみたい。
ちょっと確認、と読み返すと、あれれ、あれれ、読み落としてた大事な部分。
くせものかも?!

標題にひかれて手に取った。
キャベツって人の愛称だったのか!

夏帆と別れ、新しい生活。
めぐりめぐって、大切なものは何?
捨てていいものは何?というのがテーマ。
一方捨てられないものがあり。

夏帆との関係の描かれ方が、甘い、切ない。
失った、自ら手放してしまった関係。
僕らの生きた証は、愛した人の中に残る。









| ブック | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |







スポンサーサイト

| - | 21:36 | - | - |







Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://chang-h.jugem.jp/trackback/382

Trackback

NEW ENTRIES
CATEGORYS
COMMENTS
TRACBACKS
PROFILE
BLOG DATA
MOBILE
qrcode
SEARCH BOX